単位制高校をしっかり選んで楽しい学生生活を過ごしませんか?

単位制高校(通信制高校)をしっかりと選びたい方へ

 

高校はどこでも同じではありません。
たとえば授業内容や通学頻度、学費などそれぞれの学校で特徴があります。
お子様や高校生のご本人が進みたい学校を選ぶことが一番大切ですが、それにはまず資料に目を通すことが大切です。

 

いまはインターネットで無料で学校の資料を取寄せできますので、一度取り寄せてみてみましょう。
そんな選ぶ高校の資料請求をするなら、ズバットの通信制高校比較がわかりやすいです。

 

地域エリアの高校や、それぞれ学校の特徴をわかりやすく資料にしてくれています。

 

>>ズバット通信制高校の資料取り寄せはこちら<<

 

 

単位制高校を選んだ生徒や高校生活にかんする口コミ情報

 

高校中退した息子が単位制高校で成績トップになりビックリです

息子は全日制の高校に進学したものの、校風や先生が合わず勢い余って中退してしまいました。本人も高校だけは卒業しておかなければと思っていたみたいで、すぐに単位制高校に入り直しました。
全日制の高校から逃げ出した息子が単位制高校に入ったからといって果たしてうまくいくのだろうかと心配していました。しかし、息子は単位制高校の方が合っていたみたいで、なんと成績トップになってしまいました。単位制高校は必要な単位さえ取ってしまえば比較的自由がきくので、今の高校が好きだと息子も言っていました。環境って大事なんですね。自主性を重んじる雰囲気が息子を成長させたのだと思います。高校卒業後は専門学校に行きたいそうなので、そのための準備も少しずつ始めているようです。

和歌山県 山本さま

 

単位制高校を選ぶときは高校比較したほうが失敗がないと感じました

両親が離婚してから母親に一人で育ててもらっていたので、できるだけ経済的な負担はかけたくないと思ったので中学を卒業したら働こうと考えていました。しかし親からは高校だけは絶対に卒業したほうが将来のためだと説得されたので、単位制高校を選ぶことにしました。単位制高校なら必要な単位を取れば卒業することができるので、仕事をしながらでも自分のペースで単位を取ることができると考えたからです。それに学費も全日制高校と比べたら安いのが魅力でした。単位制高校は通える範囲にいくつかあったので、資料を取り寄せて比較することにしました。それぞれの高校に特徴があって、全日制高校の授業にはない授業も受けられる高校があったので、資料を請求して高校を比較してよかったと感じました。

埼玉県 矢部さま

 

単位制高校よりも全日制高校の方が私には合っているようです

これから小学生や中学生になる弟や妹がいたので、家計の負担を減らすために授業料が安い単位制高校を選ぶことにしました。しかし単位制高校や生徒同士のつながりが薄いので、私にとっては多くの友達と楽しい学生生活を楽しめる全日制高校の方が合っているとわかりました。そこで単位制高校を退学して、1年間は学費を稼ぐために必死で働きました。それからもう一度、全日制高校に入りなおすことにしましたが、やはり同年代の友達と一緒に机を並べることができ楽しいと感じました。体育祭や文化祭なども全日制高校のほうが盛り上がるので、入りなおして良かったと感じています。1年間で学費をためることができたので学費に不安はありませんから、学生生活を満喫しています。

愛知県 井上さま

 

親が他界したため全日制高校を退学し授業料の安い単位制高校に転校しました

両親が小さい頃に離婚したため、女手一つで育ててもらっていましたが、その母親も無理をしたのが職場で倒れて帰らぬ人になりました。全日制高校に進学していましたが、私学だったこともあり高い学費が払えなくなったので退学することにしました。それからは生活をするために働かなければなりませんでしたが、高校卒業資格だけは今後のことを考えてほしいと思ったので、単位制高校に転校することにしました。単位制高校は学費も安いですし、必要な単位だけを取得するために授業に出る以外は学校に行かなくて良いので、その間は働くことができるようになりました。全日制に通っているときにある程度の単位をとってうたので、単位制高校で足りない単位を取得し、無事に高校を卒業して高卒資格を得ることができました。

千葉県 木下さま

 

転入で単位制高校にしましたが勉強が大変です

通常通り、授業を受ければ単位が貰えるのですが、それだけでは卒業出来ません。あまりにも単位が足りないと留年することもあります。通常の授業に加えて年に数回行われるテストで点数を取らないとならない為、普段から勉強をしなくてはなりませんでした。学校の授業だけではどうにもならないので、予習を兼ねて塾にも通っていました。学校が終わったら、授業で受けた内容を確認する為の復習を行い、テスト前には全体的にまとめてテストに出そうな部分を勉強するのですが、いくら予習や復習をしていても、れてしまっている部分が沢山ありました。単位制高校に入ると、とにかく勉強が大変です。少しでもサボってしまうと、さっぱり分からなくなるので、必死でした。

東京都 佐藤さま

 

いじめ問題で学校嫌いだった甥が通信制高校を卒業できました

地元の高校でサッカーをすることを楽しみに入学した甥が、高校2年生になったころからいじめで悩んでいました。学校を休む日が増えていき、このままでは留年と先生に言われていました。そんな頃が今では嘘のように明るくなり、通信制高校に転校して大学へも入学できました。いじめられていたころは親が泣いて電話してくるばかりでした。通信制の高校は、家で勉強してレポートを提出したりして卒業できる単位制高校にあたります。勉強は嫌いではありませんでしたので、大学へ行く目標ができて落ち込んだ気持から立ち直ることができました。年に数回登校することがあり、同じ悩みを持っていた子と友達になったと明るく話してくれました。地元の高校ではせっかく入ったからと我慢して通っていましたが、思い切って転校してよかったと今では思っています。

大阪府 榎木さま

 

失敗しないためにも特技を活かせる単位制高校を選ぶことにしました

私は小学生の頃から子役として芸能活動をしています。まだまだちょい役程度の有名ではない子役タレントですが、そろそろ本腰を入れて芸能活動に取り組もうと気合いを入れてがんばっているところです。ちょうどその頃高校進学を決める時期だったのですが、私は全日制の高校でなく、月に1回だけ通うだけでいい単位制高校に進学することに決めたのです。入学してからほぼ1年経った今感想を紹介すると、「入学してよかった」の一言につきます。私は勉強することは嫌いではなく、将来的には大学進学も視野に入れています。芸能界でも肩書きが結構役に立つので、自分のペースで勉強でき、特技も磨ける単位制高校が自分にピッタリ合っているように思えます。

神奈川県 小林さま

 

子供が単位制高校に行きたいというので資料を取寄せしました

私の娘は現在中学3年です。子供の頃からゴルフに打ち込み、プロゴルファー目指して毎日練習しています。夏休みが始まる前に高校受験をどうするのか尋ねたところ、単位制高校に行きたいと言い出したのです。なんでもゴルフスクールの先輩も多数入学しており、週に1〜3日しか通学しなくてもいいので、練習や遠征に時間を割けるというのです。
私としては普通の高校に入学して欲しかったので複雑な気持ちでしたが、娘の人生なので娘の意志を尊重しようと妻と話し合いました。高校の資料を取り寄せたり、娘の先輩の親御さんにも話を伺ったところ、卒業生に有名スポーツ選手や芸能人を輩出している有名な単位制高校だと分かり安心しました。もちろん高校卒業資格もいただけるので、大学進学も夢ではありません。これなら夢に向かって頑張れそうです。

宮城県 足立さま

 

 

 

通信制高校に転入すれば高校卒業できますよ!

通信制高校は、各教科で3年間に必要な単位が決まっていてその単位取るために、通信制高校などへ転入や入学してとることができます。
そんな通信制高校なら3年間で習得する単位を取れるように学校がプランを組んでくれています。

 

いま全日制高校に通っているが、高校をやめて通信制高校へ転入し、残りの学科の単位を取得し卒業している生徒さんもたくさんいます。
そんな通信制高校は、全国各地にありますので、もちろん、あなたがお住まいのエリアにもあります。

 

当サイトでご紹介させて頂いている通信制高校であればしっかりと単位が取れて卒業できる学校がみつかります!
通信制高校ってあまり聞きなれない感じの方も多いと思いますが、世界に目を向けていただければわかるのですが、欧米などでは普通に若者が通っています。

 

日本では全日制高校が多いので、通信制高校といえば夜間学校などイメージがつくと思いますが、夜間学校ともまた違います。通信制高校は基本的に家で学習して提出物を学校に提出したりしながら単位をとっていきます。

 

昼間や夜働いていても、空き時間や休みの時に通信制高校から与えられた課題をこなし、提出するだけです。
年に3〜4日ほどのスクーリングなどもありますが、先生が進み具合を確認するために行われます。

 

学科だけでなく、必須科目も単位の一つに入っているのでそれらをスクーリングなどで行ったりする学校もあります。

 

学校にはたくさんの生徒さんが転入しているのですが、通信制高校の場合はほとんど顔を合わすことがありませんので人見知りがしやすい方や自分のペースで勉強をやって行きたい人は通信制高校が向いているでしょう。

 

通信制高校も公立と私立がありますが、私立のほうが授業料がかかる分、先生がサポートしてくれるので卒業出来る確率がとても高いです。逆に公立は自力で勉強を進めていくことが求められます。
自主学習をしてできる場合は、公立がよいでしょうし、先生に相談したりサポートを受けたい方は私立のほうがよいですね。

 

また通信制高校の学費もきになるところですが、授業内容も家庭学習だけでなく、学校に通いながら授業を受けて単位をとるコースなども設けている通信制高校もあります。
家庭学習に自信がない方は通って単位をとるコースがよいかもしれませんね。

 

 

通信制高校は文部科学省に定められています

文部科学省が通信制高等学校について定めていますね。読んでみて私が感じたことを書くとこんな意味になりました。

 

通信制高等学校は、昭和63年から導入されていて学年による教育課程の区分を設けず、国が決めた各教科などの単位を修得すれば卒業が認められます。つまり、高校卒業となります。
そして、平成5年度から、全日制課程においても通信制の設置が可能となり、これを受けていろんな学校が通信制を取り入れてきているのです。

 

たとえば、 通信制高校の特色としては、 自分の学習計画にそって、自分の興味があることや、関心等があることなどに応じた科目を選択でき学習することができるようになりました。

 

そして通信制高等学校には、学年の区分がないので自分のペースで学習に取り組むことができるため多くの方が高校卒業できる仕組みになっています。
これまで高校を途中でやめてしまった方も、高校を卒業できる大きなチャンスを国が作ってくれたわけです。
高校を途中でやめても残り分を通信制高校で取ればいいのですから!(^^)

 

【期間限定】今スグ、学校の資料を取り寄せできます!

 

▼無料で通信制高校の資料が取り寄せできます!▼